バツイチの婚活はうまくいく?再婚こそ結婚相談所がおすすめ

コラム センチメンタルな女性

多くの人が婚活サービスを利用している中、バツイチの人も再婚を目指して婚活に励んでいることは珍しくありません。

ですが婚歴が無い人と比べると難しいと言われていますが実態はどうなのでしょうか。

今回はバツイチの婚活が難しいと言われる理由や、その解決策についてお伝え致します。

バツイチの婚活が難しいと言われる理由

フラれて落ち込む男性

婚歴がない人は同じ条件の相手を選ぶ

今まで婚歴がない人からすると、やはり初婚同士というのが前提であり、離婚歴がある人は最初から条件に入れていないことも多いようです。

初婚同士を希望する人にアプローチしても断られてしまう確率が高いです。


<解決策>
このような場合は可能性が薄いので割り切って、理解してくれる人にアプローチをしましょう。

今は離婚が珍しいことではないので、思っているよりも理解してくれる人は少なくありません。

結婚に不向きと思われてしまう

離婚歴がある=「結婚生活が出来ないのではないか?」「我慢出来ない・ワガママな人ではないか?」といったイメージを持たれることもあります。

つまり、結婚に不向きな人だと思われてしまうのです。

<解決策>
良いことではないかもしれないけど、「結果的に良い経験になった」「学べることもあった」とお相手に伝えることで安心感を与えられます。

また、お相手に「この人が悪かったわけではないんだな」と思ってもらえるような言動を心掛けましょう。

子供との新しい関係作りに不安視される

離婚歴がある人の中にはお子さんがいる人もいるかと思います。

特に女性側が子供を育てているケースが多く、シングルマザーで婚活を頑張っている人も沢山います。

ですが良いお相手と縁があっても、子供との関係性で悩んでいるカップルは少なくありません。

新しい親として務まるのだろうかとお相手が不安に思ったり、子供が仲良くしてくれるのかという悩みを抱えているようです。


<解決策>
お相手にはプレッシャーを与えずに、少しずつ関係性を作っていけるようなスタンスで交際をスタートさせましょう。

純粋に家庭の温かみを自分自身だけでなくお相手や子供にも楽しんでもらいましょう。

経済状況を懸念される

離婚歴がある人の中(特に男性に多い)には、離婚したお相手へ慰謝料や養育費を払っているケースがあります。

その場合、経済状況を懸念されてしまう可能性があります。


<解決策>
経済状況はお相手からすると聞きづらいものです。

そんな時は自分からお相手へ全て話し、理解してもらえるように努めましょう。

お相手も正直に話されると安心感を覚え、歩み寄ってくれるものです。

お相手の親に理解してもらえない

お相手との関係が良好でお互いに結婚の意思を固めた場合、当然ながらお相手の親へ挨拶に行かなくてはなりません。

そんな時、離婚歴があるということであまり良い顔をされず、結婚を賛成してくれないかもしれません。

親世代の人からすると私たち世代以上に離婚に対するイメージが良くないので、なかなか結婚に進めないということもしばしば。


<解決策>
理解してもらえないからといって焦りは禁物です。

お相手のことをどれだけ想っているか、真剣かをゆっくり伝えていきましょう。

誠意を持って話していけばきっと伝わるはずです。

バツイチで婚活中の人によくある悩み

悩みを抱える女性

再婚の自信がない

離婚歴のある人が婚活を行なっていく中で、うまくいかない現状から再婚出来る自信を喪失してしまうことがあります。

うまくいかないことが続くとそうなってしまうのはある程度仕方がないことかもしれません。

ですが、再婚で幸せな結婚生活を送っている夫婦は世の中に沢山います。

もしかすると『バツイチ=難しい』と思っているのは、出会うお相手よりもあなたかもしれません。

自分自身がマイナスに考えてしまっては、せっかく良い人と出会ってもうまくいきませんので、あまり焦らず「その内良い人と出会えるはず!」というマインドで婚活に取り組むようにしてください。

また離婚するのではという不安がある

「もう一度結婚して、次こそは幸せな結婚生活を送りたい!」と思い、一念発起で婚活を始めるバツイチの人は沢山います。

ですが中には、再婚に憧れつつも離婚の経験から「もし再婚できたとしても、また離婚するのではないか」と不安に思ってしまう人もいます。

勿論、絶対に2回目はうまくいくとは言い切れません。
2回・3回と離婚歴がある人も確かにいます。

しかしバツイチの人は1度目の結婚で、婚歴がない人が持っていない結婚に対しての経験値があります。

1度目の結婚は何がいけなかったのか、自分が反省すべき点はどこなのかなど、学んだことを2回目の結婚へ活かせば良いのです。

再婚する前から結婚に対しての失敗がちらついていては再婚出来ませんので「私は人よりも経験値がある」と割り切って婚活に取り組んで下さい。

再婚相手を探すなら結婚相談所がおすすめ

アドバイスをする女性

最初から受け入れてくれる人と出会える

結婚相談所の場合、最初に希望条件をヒアリングした上でプロフィールを登録するので、離婚歴がある人は条件外としている人と出会う確率が低いので、とても効率的に婚活を進めることが出来ます。

お見合いで会ったお相手は、離婚歴があることを知った上で会ってくれているので、バツイチであることを受け入れてくれた状態で出会うことが出来るのです。

お見合いを経て交際に発展しても、既に受け入れてくれている状態ですのでうまくいきやすいと言われています。

バツイチ同士の出会いも多い

結婚相談所へ登録している会員の中には、同じようにバツイチの方も沢山います。

お互いにバツイチ同士ですと、互いの経験から共感することも多く、成婚しやすいと言われています。

勿論、離婚までの経緯は人それぞれですが、離婚という同じ経験をしたということが互いの共通点ですので、打ち解け合うのも早いです。

結婚相談所で出会ったバツイチ同士の夫婦は多く、互いの経験を2度目の結婚へ活かして幸せな結婚生活を送っています。

バツイチの人が結婚相談所で結婚するコツ

仲良しでハートを抱える夫婦

お相手に離婚理由を明確に伝える

出会ったお相手には離婚の理由を明確に伝えるようにしましょう。

元夫・元妻のことを細かく言う必要はありませんが、何が原因だったのかはお相手は聞きたくてもなかなか聞けません。

仕事が忙しすぎて生活が合わなかった、会話する時間がなくてすれ違ってしまったなど、自分を飾らずに率直に話すことが大事です。

どうすることも出来ない理由やお互いを責められない理由で離婚している夫婦は沢山いるものです。

お相手を安心させるには、どんな状況で離婚という選択をしたのかという点ですので明確に話してお相手の信頼を得ましょう。

高望みしない

離婚歴がある人にはあまり見られませんが、中には20代で初婚の人のような感覚で婚活をしている人もいます。

少なくともバツイチという点で、篩に掛けられているということを忘れないで下さい。

高望みのし過ぎは婚活において、幅を狭めてしまう大きな要因です。

離婚の経験から独身時代とは異性に求めるものが多少変わっているかと思いますので、現実的にしっかりと判断していきましょう。

まとめ

今回はバツイチの人の婚活についてお伝え致しました。

初婚の人とは状況が違っても、バツイチだと婚活がうまくいかないということはありません。

大切なことは「次こそは絶対幸せになる!」という強い気持ちです。

この強い気持ちを持って婚活に取り組んで下さい。

今は『3組に1組』が離婚すると言われている時代です。

熊本も昔と比べると離婚率が高まっており、当相談所にも多くのご相談をいただきます。

離婚歴があるからという理由で中々踏み出せない方はぜひ一度、無料相談へいらしてくださいね。


結婚相談所花園へ無料相談をする

無料ご相談・お問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください