結婚相談所の交際3ヶ月ルールとは?

コラム 3とポーズするスーツ姿の男性

結婚相談所には様々なルールが設けられていますが、その中でも代表的なものが『交際3ヶ月ルール』です。

文字通り、交際期間は3ヶ月以内というルールなのですが、一般的な恋愛では交際期間3ヶ月での結婚は、かなりのスピード婚だと言えます。

どうして結婚相談所ではこのようなルールが設けられているのでしょうか。

今回は結婚相談所の交際3ヶ月ルールについてお伝え致します。

交際3ヶ月ルールとは?

結婚相談所特有の交際ルール

交際3ヶ月ルールは結婚相談所特有のルールです。

全国の殆どの結婚相談所が交際3ヶ月ルールを設けています。

結婚相談所における交際期間とは、お見合いでお互いがお相手のことを気に入った場合、結婚相談所を介して連絡先を交換した時点からが交際期間と言われています。

つまり交際3ヶ月ルールは、お見合い後から3ヶ月以内にお相手と結婚するか否かを決めなければならないということです。

交際3ヶ月ルールは何故必要?

結婚相談所では何故、交際3ヶ月ルールが設けられているのでしょうか。

その理由はいたってシンプルで、結婚相談所での出会いだからです。

交際3ヶ月と聞くと短く感じてしまうかもしれませんが、結婚するために活動している男女が出会ってからお相手を良く知り決断するまで、実はちょうど良い期間なのです。

結婚相談所は結婚するためのところですので、結婚に繋がらない交際は続けるべきではないということが前提です。

また、3ヶ月とルールが設けられているからこそ、結婚の意思を固めることが出来るのかもしれません。

交際3ヶ月で結婚は早い?遅い?

交際のスタート地点が違う

一般的な出会いの場合だと、交際3ヶ月で結婚するかどうかを決めることはかなり早い方です。

そもそも、一般的な出会いと結婚相談所での出会いでは交際開始時点でかなりの差があります。

結婚相談所での出会いはお見合いを行なった段階で、お相手の学歴や仕事などのプロフィールを事前に把握しています。

つまり、スタート地点が全然違うので結婚相談所の交際期間ではより深くお相手のことが知れるのです。

3ヶ月という期間はお相手と結婚するかどうかの判断の為に設けられているので、実際に結婚相談所で結婚した人たちは皆さんが3ヶ月で決断出来ています。

成婚=直ぐに結婚ではない

意外と分かっていない方もいるのですが、結婚相談所で言う成婚は、直ぐに結婚しなければならないというわけではありません。

一般的な婚約と同じ意味で、プロポーズを経て婚約してからお互いの両親への挨拶や結婚への準備など実際に入籍するまでは一定の時間は必要となります。

交際期間はあくまでもお相手と結婚するかどうかを決断する期間であって、その後成婚退会した後は二人で必要な準備を進めていけば良いのです。

交際3ヶ月ルールのメリット・デメリット

ホワイトボードで講義をする女性

交際3ヶ月ルールのメリット

ダラダラとした交際がない

結婚相談所で婚活する一番の特徴と言えるのが、結婚するための交際しかしないという点です。

一般的な出会いと違って少しずつ様子を見ながらという交際は結婚相談所ではありません。

逆に言えばメリハリのある交際が出来るので、ダラダラとした交際は無いと言えます。

お互い集中して向き合える

交際期間が3ヶ月と決まっているため、3ヶ月という枠の中でお互いが集中して向き合えることはメリットと言えます。

恋愛が結婚に繋がりにくく、時間がかかってしまいがちと言われているのはこうした期限がないことも一因です。

交際3ヶ月ルールのデメリット

3ヶ月でお相手のことを好きになれるのか不安

結婚相談所での婚活において「短期間でお相手を好きになれるのか不安」とよく言われていますが、成婚しているカップルはちゃんと恋愛しています。

一般的な出会いとはきっかけが違うだけで、結婚相談所での出会いでもお相手を好きになった上で決断しています。

結婚相談所では恋愛出来ないという情報もありますが、全然そんなことは無いので安心してください。

周囲の反応

最初から家族や友人などに結婚相談所で婚活している旨を伝えていれば特に気にする必要はありませんが、もし言っていなかったとしたら「3ヶ月で結婚を決めて大丈夫?」と心配される可能性があります。

そんな時は正直に事の経緯を話して納得してもらえるようにしましょう。

結婚は当人同士だけの問題ではありませんので、周囲の同意を得ることはとても大切です。

3ヶ月で成婚に至らなかった場合

交際を終了して新しいお相手を探す

交際期間の中でお相手との結婚がイメージ出来なかったり、価値観が合わないなど結婚まで踏み切れないとしたら、その旨を結婚相談所の担当アドバイザーに伝えて交際を終了することが出来ます。

お相手には結婚相談所を介してお伝えする流れですので、直接伝えるわけではありません。

その後は再度、お見合いにてお相手探しから活動することとなります。

交際一人目でそのまま成婚出来るケースは稀ですので、皆さんが何度か交際と別れを経験することが多いです。

交際延長ができる場合も

結婚相談所では交際3ヶ月ルールが設けられていますが、必ずしも3ヶ月が経過したらお相手と結婚しなければならないというわけではありません。

そこまで強制的なルールだとしたら誰も利用しませんよね。

どうしても仕事の都合などでなかなか会える時間が作れなかったり、結婚に対しては前向きだけどもう少し時間が欲しい場合には申請をすれば交際期間が延長出来る場合もあります。

無駄に期間を延ばすのではなく、お互いにとって有意義な延長であれば認められますので必要な時は担当アドバイザーに相談してみましょう。

まとめ

今回は結婚相談所の交際3ヶ月ルールについてお伝え致しました。

結婚相談所では結婚するための出会いや交際を行う場所ですので、ある程度のルールを設けて活動しなければ、なかなか結婚までいかないというのが現状です。

ですが、一定のルールの中だとしても、成婚しているカップルは3ヶ月の中で恋愛をしてお互いを思いやる気持ちが芽生えた上で成婚退会しています。

3ヶ月と決まっているからこそ密度の高い交際が出来るのだと思います。
大切なのは交際の時間ではなく密度ではないのでしょうか。

結婚相談所で設けられているルールは会員様が安心して効率よく活動が出来るように設けられていますので、是非本記事を参考にしてみてください。

無料ご相談・お問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください